たった16の動詞で日常会話 語彙力増強シリーズ 教材16 | ファンクションメソッッド英語研究会

1/1

たった16の動詞で日常会話 語彙力増強シリーズ 教材16

16verbs all.zip

¥ 7,800 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (2949808バイト)

当商品概要
ファイル形式 PDF 圧縮形式zip ファイルサイズ 
二色刷)
● PDF文書(版)は、Google Chromeやsafariなどのプラウザなどで閲覧できます。
またブリントアウトが可能です。
なお、BOOK MARK機能を使えば便利です。
---------------------------------
※インターネット上からダウンロードしたファイルは、通常、タブレット内の以下のフォルダーに保存されています。
内部ストレージ、またはSDカード > Download
「File Commander」アプリを使えば、この「Download」フォルダー内のファイルを、直接開くことができます。
-----------------------------
イギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)は、たった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。
彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は一定の範囲の基礎語の組み合わせで多様な意味を表し、かつ英語にはそのようなことばを好んで使う傾向があるとした。
 be, have, do, make, get, give, put, take, keep, let,
 go, come, seem, say, see, send
===========================
当教材所収動詞と動詞と文例の数
===========================
Be動詞でこれだけ話せる
be動詞の本質的な意味は、「存在」だ。
beの動詞フレーズのパターン(すべてV←C感覚)
 (1) be動詞+形容詞  (83文例)
 (2) be動詞+名詞  (121文例)
 (3) be動詞+方位副詞  (93 文例)  
 (4) be動詞+前置詞+名詞  (31文例)
★以下は、が3つの動詞フレーズが補語となるもの
 (5) be動詞+to+原形動詞フレーズ (be going to) (19文例)
 (6) be動詞+~ing形動詞フレーズ(進行形) (14文例)
 (7) be動詞+~ed形動詞フレーズ(受身形) (19文例)
 (8) be動詞+being +~ed形動詞フレーズ(受身進行形) (13文例)
★以下は、形容詞のような働きをするもの
 (9) be動詞+~ing形動詞フレーズ(形容語 (13文例)
 (10) be動詞+~ed形動詞フレーズ(形容語) (28文例)
★以下は、Itが主語となるもの
 (11) It is+形容詞+(for ~)+to+原形動詞フレーズ (16文例)
 (12) It is+形容詞+(of ~)+to+原形動詞フレーズ (13文例)
★以下は、be+形容詞+to+原形動詞フレーズとなるもの
 (13) be+形容詞+to+原形動詞フレーズ(1) (26文例)
 (14) be+形容詞+to+原形動詞フレーズ(2) (17文例)

動詞haveでこれだけ話せる
haveの本質的意味は「付帯状況」を表す。
haveの動詞フレーズのパターン
 (1) V→O感覚 have+名詞(目的語)  (191文例)
 (2) have+to+原形動詞フレーズ  (7文例)
(3) have+got+ to+原形動詞フレーズ (12文例)
 (4) have+~ed形動詞フレーズ  ※完了形  (36文例)
(5) V→O←C感覚 have+名詞(目的語)+形容詞(補語)  (6文例)
(6) have+名詞+原形動詞フレーズ  (17文例)
 (7) have+名詞+~ing形動詞フレーズ  (11文例)
 (8) have+名詞+~ed形動詞フレーズ  (13文例)

動詞doでこれだけ話せる
doの本質的な意味は、(行動、仕事、責任などを)する、果たす」
doの動詞フレーズのパターン
 (1) do+(副詞)  (28文例)
 (2) do+(限定詞)+名詞(目的語)  (30文例)
 (3) do+名詞(目的語)+名詞(目的語)  (10文例)
 (4) doのTwo-word Verbs   (21文例)

動詞goでこれだけ話せる
goの本質的な意味は、「進行」だ。
goの動詞フレーズのパターン
(1) go+(副詞/副詞句)  (28文例)
 (2) go+形容詞 (補語)  (19文例)
 (3) go+~ed形動詞フレーズ  (16文例)
 (4) go to+原形動詞フレーズ /go and 動詞フレーズ  (16文例)
 (5) Two-word Verbs  (59文例)

動詞comeでこれだけ話せる
comeの本質的な意味は「出現」だ。
comeの動詞フレーズのパターン
 (1) come + (副詞/副詞句)  (25文例)
 (2) come + 形容詞 (補語)  (11文例)
 (3) come to + 原形動詞フレーズ
 (4) come + ~ing形動詞フレーズ
 (5) come + ~ed形動詞フレーズ  (13文例)
 (6) come to+原形動詞フレーズ /come and 動詞フレーズ  (15文例)
 (7) comeのtwo-word verbs  (39文例)
===============================

動詞getでこれだけ話せる
本質的な意味は、「到達」だ。
getの動詞フレーズのパターン
 (1) get+名詞 (目的語) (31文例)
 (2) get+名詞(目的語)+名詞 (目的語) (13文例)
 (3) get+形容詞(補語) (28文例)
 (4) get+to+原形動詞フレーズ (24文例)
 (5) get+~ing形動詞フレーズ (5文例)
 (6) get+~ed形動詞フレーズ (33文例)
 (7) get+名詞(目的語)+形容詞(補語) (18文例)
 (8) get+名詞+to+ 原形動詞フレーズ (13文例)
 (9) get+名詞+~ing形動詞フレーズ (6文例)
 (10) get+名詞+~ed形動詞フレーズ (13文例)
 (11) Two-word Verbs (113文例)

動詞giveでこれだけ話せる
本質的な意味は、「与える」だ。
 (1) give +名詞 (目的語)  (27文例)
 (2) give +名詞(目的語)+名詞(目的語)  (26文例)
 (3) Two-word Verbs  (19文例)

動詞でkeepでこれだけ話せる
動詞keepの本質的な意味は「維持・持続」だ。
keepの動詞フレーズのパターン
 (1) keep+名詞(目的語)  (16文例)
 (2) keep+形容詞(補語)  (10文例)
 (3) keep+~ing形動詞フレーズ  (11文例)
 (4) keep+~ed形動詞フレーズ  (2文例)
 (5) keep+名詞(目的語)+形容詞(補語)   (17文例)
 (6) keep+名詞+~ing形動詞フレーズ  (12)
 (7) keep+名詞+~ed形動詞フレーズ   (5)
 (8) keepのTwo-word Verbs (40文例)

動詞letでこれだけ話せる
本質的な意味は「許す」だ。
letの動詞フレーズのパターン
 (1) let + 名詞(目的語) + 形容詞(補語)  (10文例)
 (2) let + 名詞 + 原形動詞フレーズ  (43文
 (3) letのTwo-word Verbs  (23文例)

動詞makeでこれだけ話せる
「本質きな意味は「現実化」だ
makeの動詞フレーズのパターン
 (1) make+名詞(目的語)  (31文例)
 (2) make+名詞(目的語)+名詞(目的語)  (10文例)
 (3) make+形容詞 (補語)  (7文例) 
 (4) make+名詞 (補語)  (10 文例)
 (5) make+名詞(目的語)+形容詞(補語)  (26文例)
 (6) make+名詞(目的語)+名詞(補語)  (13文例)
 (7) make+名詞+原形動詞フレーズ  (29文例)
 (8) make+名詞+~ed形動詞フレーズ  (5文例)
 (9) makeのTwo-word Verbs  (29文例)

動詞putでこれだけ話せる
Putの本質的な意味 「あらしめる」だ。
putの動詞フレーズのパターン
 (1) put+名詞(目的語)+副詞  (12文例)
 (2) put+名詞(目的語)+形容詞(補語)  (13文例)
 (3) putのTwo-word Verbs  (59文例)
===========================

動詞takeでこれだけ話せる
Takeの本質的な意味は、「とっかかり」だ。
takeの動詞フレーズのパターン
 (1) take+名詞(目的語)  (30文例)
 (2) take+名詞(目的語)+名詞(目的語)  (12文例)
 (3) take+名詞(目的語)+形容詞 (補語)  (9文例)
 (4) takeのTwo-word Verbs  (38文例)

動詞sayでこれだけ話せる
本質的な意味は「表現する」だ。
sayの動詞フレーズのパターン
 (1) say+(副詞) (19文例)
 (2) say+名詞 (目的語)   (38文例)
 (3) say+(that) +節   (23文例)
 (4) be said+(that) +節  (5文例)

動詞seeでこれだけ話せる
「本質きな意味は「知覚する」だ
seeの動詞フレーズのパターン
 (1) see+(副詞) (11文例)
 (2) see+名詞 (目的語) (31文例)
 (3) see+名詞+原形動詞フレーズ (4文例)
 (4) see+名詞+~ing形動詞フレーズ (9文例)
 (5) see+名詞+~ed形動詞フレーズ (5文例)
 (6) seeのTwo-word Verbs  (16文例)

動詞seemでこれだけ話せる
Seemの本質的な意味は「推測する」
Seemの動詞フレーズのパターン
 (1) seem+(to be)+形容詞 (補語)   (66文例)
 (2) seem+(to be)+名詞(補語)  (23文例)
 (3) seem+(to be) +方位副詞/前置詞+名詞  (25文例)
 (4) seem+ to +原形動詞フレーズ  (43文例)
 (5) seem+(to be)+形容詞+to+原形動詞フレーズ  (9文例)
 (6) seem+ to be+~ing形動詞フレーズ  (19文例)
 (7) seem+ to be+~ed形動詞フレーズ  (7文例)
 (8) It seems+that+節   (23文例)
 (9) seem+as if+節 (7文例)

動詞sendでこれだけ話せる
本質的な意味は「送り出す」だ。
sendの動詞フレーズのパターン
 (1) send+名詞 (目的語)  (11文例と)
 (2) send+名詞(目的語)+名詞(目的語)  (13文例)
 (3) sendのTwo-word Verbs  (22文例)
=======================

  • お支払い方法について

¥ 7,800 税込

最近チェックした商品
    その他の商品