日常英会話必須基本16動詞(HTML版・PDF・音声つき)(verbs-16html.zip)

日常英会話必須基本16動詞HTML版 455.9 MB

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ダウンロードされた教材には、4つのフォルダ(ファイル)があります。
(1) 「日常英会話必須基本16動詞」 HTML形式ファイル
(2) sakusaku16教材 PDF形式ファイル soundは音声形式MP3
(3) 電子書籍「話すためのたったこれだけ英文法」
(4) function tableファイルJPG
----------------------------------------------
(1) 「日常英会話必須基本16動詞」」 HTML 形式ファイルの開き方
(手順)
(1) 解凍されたフォルダの中に「menu-TOP.html」があります。
(2) お持ちのプラウザ「Google Chrome」や「Safari」」「Fire fox」にある「ファイル」項目の内、「このアプリケーションで開く」にて「menu-TOP.html」を開いてください。
  
あるいは、「このアプリケーションで開く」の中にRealPlayerが入っていれば、
RealPlayerでもご覧になれます,
----------------------------------------------
(2) sakusaku16教材 PDF形式ファイル
PDF文形式ファイルは、Adebe Readerはもちろんのこと、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。ブリントアウトが可能です。
----------------------------------------------
(3) 特典 電子書籍「話すためのたったこれだけ英文法」
PDF文形式ファイルは、Adebe Readerはもちろんのこと、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。ブリントアウトが可能です。
----------------------------------------------
特典.ファンクションソッド「世界標準」の英作法
この講座は、ブログに展開した英作文のすべてを同じブログの記事にあるアドレスをクリックすることで簡単に答え合わせが可能です。当研究会が配信している各ブログ「日本人だけがどうして英語が話せないのか?」や「世界標準」の英作法の記事に対応します。

【サポートブログ】の「ページ認証」のIDとpasswordです。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
HTML形式ファイル(PDFファイルを含む)
所収全1589の文例に約160分のネイティブの音声付き
※音声は、mp3を使っています。
● HTML文書(版)はPCなどの所収されている様々プラウザ(safariやGoogle ChromeやFire Foxなど)、さらにRealPlayerで閲覧できます。
● PDF文書(版)は、Adebe Readerはもちろんのこと、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。ブリントアウトが可能です。
当教材の詳細解説をご覧ください。
日常英会話必須基本16動詞HTML版の総合解説
http://function.d.dooo.jp/web-adobe/verb16/menu.html
○教材サンプル「日常英会話必須基本16動詞HTML版」
http://20.pro.tok2.com/~function/verbs-16Sample/index.html
○教材サンプル「日常英会話必須基本16動詞HTML版感覚別
http://20.pro.tok2.com/~function/verbs-16Sample/index-2.html
◎U-Tube動画 日常英会話必須基本16動詞HTML版 音声解説付きプロモーション
http://www.youtube.com/watch?v=_gdSptb6PWA
U-tube動画 たった16の動詞で英語が話せるサクサク瞬間英作トレーニングPDF版
◎https://www.youtube.com/watch?v=_gdSptb6PWA
--------------------
●実際に使える語彙力を増すHolistic Approachとは
ネイティブの子供たちは幼い頃からことばをフレーズとして蓄えていきます。一方私たちは彼らと同じ体験をすることは不可能です。
Holistic Approachは、これは部分部分ではなく全体的にとらえるアプローチのことです。この教材はそれに基づいて製作されていますが、これは日本語の発想か
らではなく、英語の発想で英語をとらえるといういわば当たり前のことを可能にします。これによって、日本語の発想からではなく、英語の発想で「よく働く動
詞」の守備範囲と応用範囲をしっかりと身につけることができます。

「ことば」の学習というものは、なるべく多くの用例を体験し、それによって自分なりのイメージを作り上げる作業が何より大切です。これによっていつの間にか、日本語が消え、知らず知らずの間に英語の発想を身につけている自分を発見することができることになります。
  be have do make get give put take
  keep let go come seem  say see send
※PDF文書は、Adout Reader,はもちろんのことプレビュー、safariやGoogle Chromeなどのプラウザなどで閲覧できます。
HTML文書はPCなどの所収されている様々なFirefox、safari、Google ChromeなどプラウザやRealPlayerで閲覧できます。音声とともにリアルタイムで学習できます。
---------------------------------

¥ 6,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(455899775 バイト)

通報する